痛くなるまで歯医者に行かないと

男性

歯が痛くて痛み止めを飲んでも治らない位にならないと歯医者に行かないという人もいると思いますが、そこまで痛くなってからだと神経を無くす治療をしなきゃいけません。出来る治療があるにも関わらず、最終手段しか取れない危険な状態だという自覚が少ないのかなと思いました。神経を抜いてしまう治療をすると歯がもろくなってしまって、結局はグラグラして抜くはめになってしまうと歯医者さんが言っていました。
ちょっとしみる状態とか歯が痛いなと思い、見てもらった方が良いかもと思ってすぐに歯医者さんに見せに行くのは正しい判断だと思います。それで虫歯が軽い内なら治すのも1日で済むのが多くなったり、何日も歯医者通いをしなくて済むという結果も得られます。面倒だからという誰でも通る話だと思いますが、面倒だからと後延ばしにすればするほど、面倒で痛くて長い期間通わなければならなくしているのは自分自身です。それなのに歯医者は長くてダラダラ治療をしてという考え方をしている人もいると思います。
そういう面倒な結果を招いているのは自分であって、痛い思いをするのを招いているのも自分です。それを治療してくれる歯医者さんに長い治療だというのはとても失礼な話だなと思いました。

器具

歯が痛かったらすぐ行きましょう

私は最近、10年ぶりくらいに歯医者に行きました。今現在私は30代前半の男ですが、歯科に行った記…

医師

歯科検診へ行こう

自分が歯医者へ赴いたのは今を遡ること、すでに5年は経過しております。最後に虫歯の治療に行ったの…

受付

理想の歯医者は「清潔感」

大切な歯を安心して任せられる歯科を探し続けています。歯医者さんは近所にたくさんあります。30件…

男性

痛くなるまで歯医者に行かないと

歯が痛くて痛み止めを飲んでも治らない位にならないと歯医者に行かないという人もいると思いますが、…